静岡の緑内障治療を行っている眼科で偶然発見して貰いました

信頼出来る医師の下で治療を受けることが出来た

今回受診していなければ、視野の欠損を自覚する程になっていなければ受診していなかったはずです。
そうなると本当に失明してしまう可能性が高くなるところだったので、危機一髪という感じがします。
そして更に幸いなことに受診した眼科には緑内障を専門とする医師が在籍していて、静岡市内からも患者が訪れているところでした。
専門医に検査と発見をして貰うことが出来たので、本当に幸運です。
緑内障は何十年もかけてゆっくり進行する病気だと説明を受け、今後は出来るだけ進行を食い止めるための治療を行うと説明を受けました。
まずは毎日の点眼が日課となりましたが、失明を食い止めるためだと思えば、毎日忘れずに点眼しています。
眼圧は上がったり下がったりで安定していませんが、今のところ著しく悪化はしていない状態です。
ただ年月が経過するにつれて点眼薬に効果が無くなることも多いそうで、レーザー治療や手術を行う必要性も出てくると言われています。
目のレーザー治療や手術と聞くと怖い気持ちが無いとは言えませんが、失明してしまっては元も子もありませんので、ためらわずに受けようとおもっています。
家族もこの病気のことを伝えると非常に驚いていましたが、信頼出来る医師の下で治療を受けることが出来ていることや、ひどくなってからの発見では無かったことを喜んでくれました。

恐ろしい病気を発見信頼出来る医師の下で治療を受けることが出来た毎日の点眼薬が何より重要

緑内障 治療 静岡 | 緑内障/静岡県 静岡市 駿河区 眼科 きゅう眼科医院